どっちだっていいか 満月だ

DONT LOOK BACK

「おはよう」と目覚めて、仕事に行って、
「ただいま」と誰もいない部屋に帰って、夕ご飯作って、
「おかえり」と言って、そのうち口うるさいママになって、
「この歌いいんじゃん」と娘と一緒にお菓子食べて(だから太って)、
塾に送って、夫と二人きりで会話があるようなないような時間を過ごして、
塾に迎えに行って、娘と一緒になにか食べて(また太って)、
お風呂に入って、「おやすみ」と言って、「おはよう」と目覚める。

平凡な一日が繰り返される中で、
“ちいさな幸せ”をチマチマ見つけてやり過ごしてる。
今日の“ちいさな幸せ”は・・・これでした。

c0217793_156021.jpg


ボブ・ディランの映画『DONT LOOK BACK』のDVD。
これ・・・刺激的だった!そして・・・若き日のディランのカッコいいこと!

馴染みの店のオヤジ(敬意と愛情を込めてそう呼ぶ)が貸してくれました。
オヤジの中古CD屋巡りも、けっして無駄ではないのですね。
まさか・・・オヤジがこれを持ってたなんて!
今度の女子会は、「肉!」って(私の)一言で
新しいステーキ屋に行きますが(すみません)、
今度またデカい宴会持っていきます。ありがとうございます。

・・・ということで、ディランの『DONT LOOK BACK』ですな。
と言っても・・・私、ディランは全然詳しくありません。
でも、これはずっと観たかったんだよね。
「カッコいい」って聞いていたので。

1967年。初のイギリスツアー(1965年)のドキュメンタリー。
モノクロなタッチ感がなんともいい感じ。
もう、オープニングで完全にヤられました。
『Subterranean Homesick Blues』で、
歌詞の書かれたカードを無表情に次々と投げ捨てるシーン。
そのふてぶてしさったら・・・ほんとカッコいいんですわ。

ベテラン記者や学生相手に、その言動が気に入らなければ、
とことん言葉によってやりこめる。哲学的ですらある。
若いディランは、(チョー)神経質だし生意気だしふてぶてしい。
で・・・その佇まいがなんともカッコいい。

バンドメンバーにも怒鳴りつけるしね。
「お前らがいるから俺が叩かれるんだ!出てけ!」って喧嘩するし、
縦横無尽っぷりが若いですな。眩しいほどに。
『くよくよするなよ』『時代は変る』などの名曲も聴けた。
なんか自分の中でストーンと落ちた感じがした。
ああ・・・楽しかった!


観た後・・・なんだか私は彼のことを考えていた。
あの日、彼のライブでピアノ弾きがピアノを弾か(け)なかった。
どこか心の中で不調和音が響くようなステージを観た客は、
心のやり場を求めさまよっていた。

例えば、会社が大きな間違いや失敗をしたなら相手に謝る。
よって、観客に説明すべきとの声も大きかったし・・・炎上した。
私はピアノ弾きを観に行ったわけではないし、
ライブは「いま」で、悔しくてもその時の「いま」は取り返せないから、
弾かなくなったピアノ弾きのカバーで
渾身のギターを見せてくれた彼の姿に満たされてた。
ほんとうにきれいな音だった。泣くような音だった。彼の姿も。

長い間、多くの人から愛され続けてきた彼のステージだった。
彼にとってもいいステージにしたかったというオーディエンスの気持ち。
すごくよく分かった。彼は、ほんとに愛されてる。

私は、彼のステージは彼のものでいいよ・・・と思ってた。
ジェントルマンの彼は、若き日のディランみたいに、
怒鳴りつけたりはしないだろう。
きっと最高のステージを観せられなかったことを悲しんだろう。
そのライブはツアーのラストだった。
ライブの直前に語った彼のボイスを見つけた時から、
きっとそんな感慨でいたんだと思う。

「ステージ上のシンガーは、盛り上げ創り上げてくれた存在であって、
 生身の自分自身とは少しかけ離れていると感じながら、
 自分に与えられた機会を活かし、
 温かい時間と空間を作るべく努力しました」

彼の言葉は胸にささっていた。
長く彼を観てきたから、衝撃的でもあった。
同時に彼らしいな、とも。

長ければ長いほど、オーディエンスの期待は大きいのかな。
あなたがあなたである限り・・・満足出来る自信だって、
長ければ長いほどあるのにな。
あなたがステージに立てばあなたでしかないし、
あなたの放つ空気感はあなた以外にはない。
ステージは、もうあなたのものでいいのに。
そんな気持ちに、あれからずっと包まれている。
キュンとした矢は、胸の奥にささったまんまだ。


私はディランみたいに哲学的に語ることは出来ないけれど、
ちゃんと言葉で伝えたいと思う。
話したいことがちゃんと伝わらず誤解を招いてしまったり、
知らないうちに時に人を傷つけてることだってある。
とても悲しくなってしまう。どうしてこうなっちゃうんだろう。
黙ってしまえばいいのかな。

ちゃんと言葉で心を伝えられる人になりたいな。
ほんとうにそうなりたいな。
チマチマ答えを見つけてる。
[PR]
by kurin1022 | 2011-11-09 15:17 | 音楽 | Comments(5)
Commented by inadanyo at 2011-11-09 18:57 x
くりん さん
やっぱり・・。
安らぐわ~。
この、くりんさんの内容・・。
柔らかくって、温かい気持ちが、伝わります。

ディランの、若い頃からのとんがり感は
”実力”が実証されているので
少々の事は、受け流されてますよね・・。
(身内や、家人には、いてほしくないけど・・。)

昔からのファンの方が、「和義君も、若いころは、色々あったよ・・。」と、
聞かせてくれる。 時間は守らず、不機嫌になって帰る・・・

今・・、特に今年は、早春からの出来事を、全国のオーディエンスに、
ちょっとは”物事、深く考えてもいいんじゃない!?”って思いを叫んだり、
優しく歌いかけてくれたり・・、 
大変な事が起こった時だって、”音楽”で、癒され、元気になっていいんだよ!
元気になってくれるといいな~! と、さらっと駆け抜けていくんかな・・?

その瞬間!?まで、二週間と少しだけど・・、
グルメや観光の目的は、ほとんど無い。^^;
なんと、オフ会は、ライブ後、例のPCで配信される予定やわ、
終了予定が、夜中やわと・・。 ^^; 楽しみ~~!?
Commented at 2011-11-10 08:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kurin1022 at 2011-11-10 08:54
♪ inadanyoさん

さらりと駆け抜けていくね、きっと♪
彼にはストイックになりすぎないようにして欲しい・・・って老婆心ながら思ってます。
身を削って突っ走るとロングランはキツイしね。75 STONESまで元気にまったりと・・・^^v
ディランのとんがり方は、日本ではちょっと無理かもね。
グルメなしなの?ええ~っ、残念!(・・・って、やっぱ、そこかいっ!)
PC配信のオフ会って、なあに?
Commented by kurin1022 at 2011-11-10 09:42
♪ カギコメさま

コメントいただきましてほんとうにありがとうございます。
チマチマ綴ってる文ですが、氏が見つけてくださって読んでくださっていたなんて、
静かに高揚感を抑えることがとても難しいです。とても恐縮しています。
文を綴るのは誰でもない自分のためです。
スッキリするし、綴ってる時間はアロマみたいな癒しの時間なんです。
僭越ながら・・・氏のブログを拝見させていただいていても、“綴ることの楽しさ”を感じます。
読んでいて、とても気持ちいいんです。

過ぎ去った「いま」の時間のことでいろいろな論議があって、ほんとに疲れました。
ほんとうにお疲れ様でした。どんどん方向も違ってきていたし、
愚の骨頂と感じざるをえないような意見も聞いて・・・悲しかったです。
私はこのことは正直どうでも良かったんです。それよりも彼のラスト直前の肉声の方が、
100倍強く胸にささっていましたから。今もそうです。
あの日のライブの彼の声の枯れ方に、静かに感動した自分がいます。
ほんとにいいですよね、年を重ねるってことは。素敵でした。
Commented by kurin1022 at 2011-11-10 09:42
(続きです)
もう、彼のステージを彼のやりたいようにやってくれればそれでいいと思って止みません。
長く彼を観ていたいので。
これもやっぱり、一緒に年を重ねてきたってことなのでしょうか。
ほんとうにありがとうございました。とても嬉しかったです。
心の奥に大切にそっとしまっておきます。
長々と失礼しました。
<< 「見直したぜ、日本。」 転がり続けて磨かれた45の石 >>



日々のあわ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
WE STILL LOVE ..
at 2014-09-03 19:22
LIFE IS COMIN'..
at 2014-07-02 15:18
六月の花嫁さんへ。
at 2014-06-23 13:57
glory days
at 2014-05-22 16:56
料理=くりん
at 2014-05-12 11:54
ファンキーパーリーな時間
at 2014-02-18 13:04
星空の中、聖なる夕べに。
at 2014-01-07 09:08
いちょう並木のセレナーデ
at 2013-11-30 10:41
ロックンロール
at 2013-11-21 18:25
タカシの夜。
at 2013-11-19 14:28
“おまえの敵が見当たらねー”
at 2013-11-01 09:48
多摩蘭坂
at 2013-10-23 16:14
NIKKI
at 2013-10-11 22:39
ハナレグミの“だれそかれそ”..
at 2013-10-01 16:07
2013年・秋
at 2013-09-12 10:25
初秋に聴きたい声。
at 2013-09-08 09:13
風船がふわりと舞った祭りの夜に。
at 2013-09-06 07:47
祭りの前に。
at 2013-08-30 17:54
このタイミングで。
at 2013-08-17 17:14
ありふれた夏の日
at 2013-07-22 16:23
最新のコメント
(続きです) 20..
by kurin1022 at 22:09
♪ ヒナさん おひ..
by kurin1022 at 22:00
くりんさん、おひさ♪ ..
by ヒナ at 16:23
♪ カギコメさん ..
by kurin1022 at 22:38
♪ きゅーん@きっしーさ..
by kurin1022 at 22:27
noteから来ました。 ..
by きゅーん@きっしー at 20:53
♪ sirikiさん ..
by kurin1022 at 10:18
お久しぶりです PCに..
by siriki-otona at 23:25
♪ ヒナさん ほん..
by kurin1022 at 22:19
大阪も、めっちゃ盛り上が..
by ヒナ at 16:14
♪ kouさん 優..
by kurin1022 at 22:18
♪ ヒナさん こち..
by kurin1022 at 22:04
星空の素敵な世界の中で、..
by kou at 22:11
あけまして今年もよろちく..
by ヒナ at 21:16
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
ライフログ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧