どっちだっていいか 満月だ

<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「君が人生の時」・・・永遠の強さ。

c0217793_16162655.jpg


思い出という呼び方はしたくない。
なぜなら、思い出とは過去に封印されてしまったものだから。
歴史なのだ。

楽曲は、僕たちの胸に刻まれた歴史の中で永遠の生を生きる。
その一方で、ライブの歌は、一瞬の生をまばゆく生きる。
永遠と一瞬がコンサートホールで交差し、溶け合う。
その光景こそが「いま」なのだと、僕は思う。


浜田省吾の2007年のライブパンフのラストに、
重松清氏の「人生という名のもとに」というエッセイがあった。
手にしてから何度も何度も繰り返し読んだ。
それ以来のツアーだから・・・4年ぶりになる。
昨夜、浜田省吾のアリーナツアーの最終日を観た。


「この週末の夜は おれにくれないか?」
・・・キュンとせつなくなったあの日の私がいる。

「稲妻が俺の体 駆け抜け 全て夢が走り出し」
“独立記念日”に“反抗期”に“終りなき疾走”・・・。
熱い歌詞、強い彼の歌声が・・・私の体を駆け抜けた。

私がティーンエイジャーの自分に戻れる場所は、彼の歌。
35周年ですね。心からリスペクトします。
今までずっと、ほんとうにありがとう浜田さん。

ティーンエイジャーの頃に出会い染み込んでいった音楽は、
やはり特別な感慨があって潤んだ気持ちに包まれてしまう。
彼にはいっぱい支えられたし、いっぱい助けてもらったから。

30年前のナンバーを、彼がステージに立ち歌う。
ティーンエイジャーの自分と現在の自分がクロスして、
永遠と一瞬が交差し溶け合った「いま」の時間が、
たおやかに胸の中に流れ込んでいった。
そんな魔法の4時間だった。


私は、彼の真摯でどこまでも紳士なところが好きなんだ。
ステージに立つ彼の懐は大きくてすっぽり包まれてしまう。
緻密に完璧なステージを創ることにどこまでもストイックで、
スタンドマイクを高らかに持ち上げてくるくる回る姿は健在だし、
ステージを右から左に髪をフワフワさせて走る姿も健在。
来年、還暦を迎える彼の“浜田省吾”ぶりは変わらない。

彼はきっと世間の求める“浜田省吾”に、どこまでも真摯なんだと思う。
センターステージで、「レッツゴー!」と歌い出す姿は若々しくて、
取り囲んだ数多なる女子全員をキュンとさせてしまうほどのカッコよさだ。
けれど・・・私は、もう変わったっていいかなと思う。

スプリングスティーンやディランみたいに、
開き直ったようないかにもオヤジって感じの、
年を重ねた渋いオヤジぶりも観てみたいから。
そう・・・これからもずっと彼を観ていたいから。
年と共に変化する彼を観ていたいと思う。


「ずっとライブで歌わなかったけど、“君が人生の時”の1曲目」
“風を感じて”を久しぶりに聴いた。
なぜだか胸の奥がキュンとせつなくなった。

「自由に生きてく方法なんて 100通りだってあるさ」
あなたは優しくそう歌ってくれた。
自由に生きる方法なんてそう多くはないし、
選んだ道以外に自分が選べる道はないんだってことを、
私はもう知っている。ポップに陽気に聴いてた10代の私じゃない。
けれど・・・そんな「いま」を嫌いではないよ。

なんだか「いま」こうして生きていることに感謝したくなった。
そんな夜だった。彼のライブの後は、きまってこういう気持ちに包まれる。


『ON THE ROAD 2011 The Last Weekend』
2011.10.30  さいたまスーパーアリーナ

01. ON THE ROAD
02. この夜に乾杯
03. HELLO ROCK & ROLL CITY
04. 独立記念日
05. 反抗期
06. 光と影の季節
07. Thank you
08. MONEY
09. 風を感じて
10. 片想い
11. もうひとつの土曜日
12. PAIN
13. BLOOD LINE(Instrumental)
14. 我が心のマリア(Instrumental)
15. MY HOMETOWN
16. 裸の王達
17. 詩人の鐘
18. THEME OF FATHER’S SON
19. RISING SUN
20. J.BOY
21. 僕と彼女と週末に
22. 愛の世代の前に
23. モノクロームの虹
24. 終りなき疾走
25. 君がいるところが My sweet home
26. I am a father
27. 路地裏の少年
28. 家路

(en1)
29. 日はまた昇る
(en2)
30. 君が人生の時


昨年の9月に海外で撮ったというメッセージ映像が流れた。
「こうしてこの映像を見てくれてるってことは、
 最終日のさいたまスーパーアリーナに来てくれてるってことだね。
 君たちは、今の僕が知らないことをもう知ってるんだよね。
 知らないことを経験してるんだよね」
9月の青空の下、笑顔で語りかける省吾。同時にキュンと胸が痛んだ。

「NO NUKES」を静かに歌い続けてきたミュージシャン。
背中のスクリーンに、1945の文字が大きく流れる。
「愛の世代の前に」を高らかに歌い上げる。

「抱きしめるがいい ただ ひとつの 君が人生の時」
「今は戦後でいちばん大変な時代だけど、乗り越えて生きていこう」
真摯な強い言葉にこくんと頷き、「君が人生の時」を静かに聴いた。
身動きひとつ出来ずに聴いた。
10代の頃、繰り返し聴いた時と交差し、溶け合った。


若い連中の刹那的な「いま」も悪くはないけれど、
永遠の強さも一瞬の輝きも知っているオトナの「いま」は、
もっと深いんだぜ、とも。


重松氏のエッセイはこう続いていた。
永遠の強さこそ、時を重ねなくちゃわからないものだ。

ディランの“時代は変る”は、時代を超えてるよね。
変わらない普遍性があって、時代がしんどくなれば必ず浮かんでくる。
省吾の歌も然り。聴き続けてきたファンは、
そんな永遠の強さを「いま」噛みしめているんだろうな。私も。

昨年の9月の映像の時に、出来たら戻りたいと思う。
でも、知りすぎるほどに知ってしまった「いま」だからこそ、
変わらない永遠の強さを持ちたいと思った。
ありがとう省吾。10代の頃、あなたに出会えてほんとに良かった。
[PR]
by kurin1022 | 2011-10-31 16:27 | 浜田省吾 | Comments(2)

「ロックだなぁ」

c0217793_1613515.jpg


「ロックだなぁ」
「うん・・・ロックだよ」


映画『ゴールデンスランバー』で、
宅配ドライバー時代の先輩が青柳の生存を確信した時、
満面の笑顔でニヤリ・・・つぶやいたセリフ。

このシーン、好き。
初めて観た時、胸が一気に熱くなってきて、
ここで涙が溢れたっけ。
渋川清彦さん(この人いいね)もハマリ役だったな。


せっちゃんの新譜『45 STONES』を聴いた。
発売日にアルバム届かず(人生初)で、
仕事が休みの今日、初聴きした。
一人の部屋でじっくり耳を傾けて聴いた。

最初の音が鳴った時から終わりまで、
なんだか胸の中が・・・ずっと涙ぐんでた。
『おとな』で・・・静かに溢れ出した。

「ロックだなぁ」
聴き終わって・・・
一人でそっと・・・つぶやいた。


彼も、私も、あなたも、いま、同じ「時」を生きています。
一倉宏氏がそう話して下さった。
うん・・・これがせっちゃんの“いまの顔(音)”なんだね。

『35 STONES』は、“俺の顔(内側)”を、
「どうだ!」ってくらいに見せつけられた感じだった。
『45 STONES』も然り。
見せつけてくれるよね。“俺のいまの顔”を。

10年の時を重ねた男のその“顔”は、
ふてぶてしいほどにカッコ良く、
どこまでも優しかった。
[PR]
by kurin1022 | 2011-10-21 16:14 | 斉藤和義 | Comments(8)

ぼくらが旅に出る理由

仕事から帰る車の中で、
ラジオから懐かしい曲が流れてきた。

『ぼくらが旅に出る理由』

小沢健二のアルバム『LIFE』の中にあった曲のカバー。
「心がわりは何かのせい?」・・・ああ、懐かしい。

フジファブリックの総ちゃんの歌声は、
爽やかで真っ直ぐな強さがあって。
清々しい透明な爽やかさは、
時折キュンとせつなくさせたりもする。
いいね、とっても。


小沢健二が、フジファブリックに贈った言葉を読んだ。

大切な友人をなくしたと聞いたけれど、そんな時に、
少しでも力になれる矢をつくっておくことができたのなら、
彼らが投げようと思う矢を渡すことができたのなら、
それ以上のことはありません。
思いっきり投げてくれて、ありがとう。



若者たちが思いっきり放ったその「矢」は、
胸の奥に真っ直ぐに飛びこんできて、
何かが刺さっていった。
まぶしさと懐かしさに包まれて、
やがて静かに黄昏れていった。
初秋の夕暮れの日に。


ぼくらの住むこの世界では
旅に出る理由があり
誰もみな手をふってはしばし別れる

[PR]
by kurin1022 | 2011-10-04 21:17 | 音楽 | Comments(2)

2011年の日本を見つけにいく

もうすぐ、斉藤和義の新しいアルバムが届けられる。
新しいアルバムが出る度に、
曲のタイトルからいろいろ妄想してみたり、
いつもワクワクしながら指折り数えて待っていた。

「怒りモードが今モード」・・・せっちゃんはそう語る。
そうなんだよね・・・わかってはいるんだ。
わかってはいるものの・・・
今までのようにソワソワしながら待ってる自分がいなかった。
そんな自分がとってもつまらなくて。
空しいほどに。どうしようもないほどに。
とてもとてもつまらなくて。

震災後、いろんな感情に揺れた。
秋風の吹き渡る今・・・
優しいラブソングだけに触れていたかった。

「どっちだっていいか 満月だ」
そう・・・
『天国の月』だけ、あまいキンモクセイの香りと一緒に、
優しく流れてきて欲しい。
・・・ずっとそんな気分だったんだと思う。


一倉宏氏のブログ『ラブソングに違いない』を読んだ。
せっちゃんの新しいアルバムのことに触れていた。
読んでいくうちに・・・
なんだかどんどん目の中に湖がたまっていった。
胸の奥がキュンと潤んできて・・・
バカだよな私って思った。


「怒りの歌ばっかり」「ラブソングの気分じゃない」と言ってたけど。
どんなに怒ってても、人肌のあたたかさのある、ラブソングだなあ。
私はこれを聴いて、暗い気持ちじゃなく、その反対の気持ちになる。
安っぽい「希望」や「きずな」の歌よりも、ずっとずっと。



サイモン&ガーファンクルの『ブックエンド』を思い出した。
一倉氏は、そう書かれていた。

暗いし、ちっともラブは出てこないし、だけど・・・ラブソングなんだ。

あなたが 1968年のアメリカを探したように
ぼくらは 2011年の日本を見つけにいこう


キンモクセイの風に乗って、
『冬の散歩道』がツーンと懐かしく胸の奥で聴こえてきた。


・・・やっぱ、斉藤和義だもの。
今までずっと、私は彼の何を聴いてきたんだろう。


フェスで初めて斉藤和義を聴いたという友人。
『ずっとウソだった』を聴いたよ。
内容については賛否あって然りだね。
でも伝わるよねえ、この人の歌声は。
・・・温かさが。

熱い思いが伝わるよねえ・・・じゃなくって、
温かさが伝わるってトコが、くすぐったくて嬉しかった。
・・・私はまだ、『ずっとウソだった』を生で聴いていない。

はやく新しい斉藤和義に会いたい。
やわらかなキンモクセイの香りに包まれながら、
2011年の日本を見つけにいくんだ。
とびっきりのラブソングに会いにいくんだ。
[PR]
by kurin1022 | 2011-10-01 17:26 | 斉藤和義 | Comments(8)



日々のあわ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新の記事
WE STILL LOVE ..
at 2014-09-03 19:22
LIFE IS COMIN'..
at 2014-07-02 15:18
六月の花嫁さんへ。
at 2014-06-23 13:57
glory days
at 2014-05-22 16:56
料理=くりん
at 2014-05-12 11:54
ファンキーパーリーな時間
at 2014-02-18 13:04
星空の中、聖なる夕べに。
at 2014-01-07 09:08
いちょう並木のセレナーデ
at 2013-11-30 10:41
ロックンロール
at 2013-11-21 18:25
タカシの夜。
at 2013-11-19 14:28
“おまえの敵が見当たらねー”
at 2013-11-01 09:48
多摩蘭坂
at 2013-10-23 16:14
NIKKI
at 2013-10-11 22:39
ハナレグミの“だれそかれそ”..
at 2013-10-01 16:07
2013年・秋
at 2013-09-12 10:25
初秋に聴きたい声。
at 2013-09-08 09:13
風船がふわりと舞った祭りの夜に。
at 2013-09-06 07:47
祭りの前に。
at 2013-08-30 17:54
このタイミングで。
at 2013-08-17 17:14
ありふれた夏の日
at 2013-07-22 16:23
最新のコメント
(続きです) 20..
by kurin1022 at 22:09
♪ ヒナさん おひ..
by kurin1022 at 22:00
くりんさん、おひさ♪ ..
by ヒナ at 16:23
♪ カギコメさん ..
by kurin1022 at 22:38
♪ きゅーん@きっしーさ..
by kurin1022 at 22:27
noteから来ました。 ..
by きゅーん@きっしー at 20:53
♪ sirikiさん ..
by kurin1022 at 10:18
お久しぶりです PCに..
by siriki-otona at 23:25
♪ ヒナさん ほん..
by kurin1022 at 22:19
大阪も、めっちゃ盛り上が..
by ヒナ at 16:14
♪ kouさん 優..
by kurin1022 at 22:18
♪ ヒナさん こち..
by kurin1022 at 22:04
星空の素敵な世界の中で、..
by kou at 22:11
あけまして今年もよろちく..
by ヒナ at 21:16
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
ライフログ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧