どっちだっていいか 満月だ

<   2013年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

いちょう並木のセレナーデ

「この声に恋しない人の気持ち、わからないっす!」

コリーヌ・ベイリー・レイの声をそう表したのは永積崇だけれど、
私は・・・ハナレグミの声に恋しない人の気持ち、わからないっす!


「何、この声・・・。どうしちゃったの」
友達から嬉しくなっちゃう言葉が届いた。
なんか、くすぐったいような気持ち。
どうしたもこうしたも・・・
そういう声なんです(と言う他ないんですけど)。

「いちばん好きなボーカルはハナレグミ。永積崇の声」
彼女に前にそう話したことがあった。
“ハナレグミ”も“永積崇”も“家族の風景”も
“スーパーバタードッグ”も“サヨナラCOLOR”も・・・
「何一つ知らないんだけど」と話してた彼女だった。

「ハナレグミが歌い出した途端・・・びっくりしちゃった」
彼女がめぐり会えた“びっくりしちゃった素敵な歌声”は、
ハナレグミとリリメグの『いちょう並木のセレナーデ』だった。


この二人の声のセッション・・・いいなぁ。
安めぐみさんと丁寧に声を重ねたこの感じが好き。

お相手が原田郁子さんとか畠山美由紀さんとか
独特な癖のあるアンニュイな雰囲気のボーカルじゃなくて、
初々しいたどたどしさが漂う控えめなあまい彼女のボーカルが、
この曲にはとても似合った。


小沢健二の怪物アルバム『LIFE』の中にあった曲のカバー。
彼のアルバムには、ライブ音源でこの曲が入ってた。
温かな優しいメロディーの中で拍手が湧いて・・・。

オザケンのポップな声で歌ったこの曲を聴く度に、
“いちょう並木の下で祝福される結婚式のカップル”を思い浮かべる。
1994年に初めて聴いた時から、何故だかずっとそうなんだ。
見当違いな受け止め方だってことは、重々承知してる。

湧き上がる温かな拍手と歓声が“幸せな空気感”を創り出していて、
奏でるメロディーがあまりにも優しくて素敵だから、かな。

“幸せいっぱいの恋人たち”を歌った歌ではないのにね。
「ブルーの用意はできてるの」
・・・そう、せつなく歌ってるのにね。


ハナレグミとリリメグは、素朴な音で優しくしっとりと歌い上げた。
甘酸っぱい気持ちに包まれて、時折キュンと揺らしてくれた。





「歌い出しの声がとにかく凄くて・・・。
 あとはぐいぐい引き込まれてた。聴き入っちゃった」と友達。

ね、この声に恋しない人の気持ち、わからないでしょ。
[PR]
by kurin1022 | 2013-11-30 10:41 | ハナレグミ | Comments(4)

ロックンロール

今月で職場を去る24歳の彼女。
「ちゃんと話しておきたいんです」と、語ってくれた。

高齢者の介護の職を、一旦離れるんだという。
「障害者の介護の仕事もいずれやってみたいと思うけれど、
 その前に“食”についてちゃんと学びたいんです」と話した。
調理の仕事に就き、調理師をとって、オーガニックを学んで・・・。
可愛い目がキラキラしてた。

震災がきっかけだった、と語った。
これから子どもも生まれるだろうし、と。

「“最期まで食べることの喜びを”って、
 よくカンファレンスでくりんさんが話してくれるけれど、
 “食べること”ってほんとに大切なんだとつくづく思った。
 オーガニックのこととか自分なりに勉強していて。
 ちゃんと学んでおきたいんです。
 たった一度きりの人生ですから」と真っ直ぐに話した。

今まで振り返ることもなく、ただ前だけ向いて生きてきたけれど、
震災の後に初めて立ち止まっていろんなことを考えたんだ、と。

それ以上は詳しくは聞かなかった。
話してるうちに彼女の目が潤んできたので。
あなたならどんなことでもやっていけるよ、と思った。
そんな仕事ぶりの彼女だった。

「くりんさんの好きなCDを一枚焼いて下さい」とせがまれた。
“若い彼女に贈る歌”・・・迷ったけれど、
くるりの『ロックンロール』が入った盤にした。

たった一かけらの勇気があれば
ほんとうのやさしさがあれば
あなたを思う本当の心があれば
僕はすべてを失えるんだ

晴れわたる空の色 忘れない日々のこと
溶けてく景色はいつもこんなに迷ってるのに



震災で受けた痛みは人それぞれだ。
私には計り知れない気持ちが、たくさんの方々にある。
軽々しく「収束した」とか・・・何言ってんだか、って思う。
“忘れたいこと”はあるけれど、
“忘れちゃいけないこと”を・・・強く思う。

次に東北を周る時には、できる限り細かく周って、
いろんなところで音楽を届けたいと思っている。
やっと、音楽が楽しめるようになってきた人もいるんだ。

            (2013年10月27日の“岸田日記”より)

震災の日のすぐ後に“岸田繁の風呂ロック”が予定されていた。
私もチケットが手元にあった。
私はまだ岸田さんの歌声に会えていない。

来年は、くるりを観に行こう。
[PR]
by kurin1022 | 2013-11-21 18:25 | 音楽 | Comments(5)

タカシの夜。

浜崎貴司 GACHI シーズン3 [最終回]
其の五 浜崎貴司 vs. ハナレグミ
2013.11.15 @ shibuya duo MUSIC EXCHANGE



“声”にたっぷり包まれた夜。

この人の声は、なんて心に沁みるんだろう。
弾き語りで歌うこの声を、なんて表現したらいいんだろう。
情景がゆっくり浮かんできて、
一つ一つの言葉が胸の奥まで響いてゆく。

“ささやき”や“余韻の間”にもグルーヴが匂い立つ彼のボーカル。
弾き語りで聴くとビンビン届いてきて贅沢な気持ちになる。

崇くんの潤んだ声は、会場の空気を震わせる。
会場いっぱい震わせながら、優しく伸びてゆく。


貴司と崇。
とても素敵な・・・“タカシの夜”だった。
こぢんまりした感じのいいハコ。
椅子もあって(嬉しい!)ちゃっかり三列目に。
腰掛けて終始ゆったりとたっぷりと堪能した。

「今日は“タカシ~!”って呼ばれると、
 勘違いしちゃいますから気をつけるように」
浜崎さんがそう言ってみんなを笑わせる。
この人のハナシは素朴で飾らなくて面白くていいね。
何度もクスッと笑った。

「浜ちゃん」「積ちゃん」と呼び合って、
『GACHIのテーマ』からスタート。

その後、オリジナル・ラブの『接吻』を二人で歌った。
浜崎さんの太くて強い声は、この歌に凄く似合った。


ハナレグミのステージ。
ジャジーな感じのグルーヴの『大安』を聴く。
ゆったりと揺れていて・・・こういう感じ、素敵ね。
「たいあいあいあいあん」って擦れたように歌う声がいい。

ザックリ刻むギターを弾く彼の姿もいい。
崇くんの弾くギターの音が好き。
素朴で温かくて優しくて。
冷たい雨の一日だったけれど、心がポカポカ温まってゆく。

「こたつでみかん(この感じがたまらなく好きらしい)って感じの歌を
 この後やりますから、ちょっと温まっておきたいんで『音タイム』を」
歌い出しで“シャンシャン”って鈴の音を足で鳴らしてみせて、にっこり。
広がる青空を見上げるような気持ちになる。ウキウキ揺れてて。
一気にハナレグミワールドに導かれていった。

くるりの『男の子と女の子』には胸が大きく揺れた。
この曲は、いつ聴いてもキュンとなっちゃうな。
せつなさと甘酸っぱさが交差して、優しい気持ちに包まれた。

『エイリアンズ』『きみはぼくのともだち』『PEOPLE GET LEADY』と続く。
なんだか「ああ・・・」としか言えなくて。言葉が見つからなくて。
彼の潤んだ声にすっぽり包まれて、いつしか心がしっとり潤んでいた。
『きみはぼくのともだち』では、すすり泣く声があちこちにあった。

『家族の風景』の合間に、小さなお子さんの可愛い笑い声が届く。
彼にも届いたのだろう。にっこり笑顔になる。
歌い終わって曲の最後のところで、
「あきゃきゃきゃきゃ」と優しく可愛く真似してみせた。
「ね、いい相方いるでしょ」とにっこり笑った。
ハナレグミのライブではこういうシーンを度々観る。
彼独特の温かな空気感にふわりと包みこんでしまう。
こういう温かさも彼の大きな魅力の一つ。

「ちょっと歌いたくなっちゃったんで。今日はハイボールありますかぁ?」
後ろのバーを覗き込むように声を掛け、
「あるってー!この後の休憩の時みんな飲んで!」とにっこり笑う。
「もう少し しゃべりましょ」「ありふれた 話でしょ」
歌詞を前振りしていちいち教えてくれてみんなで歌った。

『ウィスキーが、お好きでしょ』を高らかに歌い上げた後、
「明日は晴れるようにね」と『明日天気になれ』を歌って、
こっちのタカシはひとまず去って行った。

上手く言えないけれど、崇くんの歌声の中にいる時は、
“商業的な匂い”みたいなモノが全く感じられない。

“歌うことが大好きな人”が楽しそうに歌うその姿は、
観ていてとても心地いい。
歌うことで人をほんとに幸せにする人ね、彼は。


浜崎さんのステージの後は、また二人のタカシで。
それぞれのくっきりした個性を観た後で調和する二つの声を聴く。
それぞれちゃんと主張しつつも尊重し合って混じり合う。
二人の歌い手のなせる技ね。いいね、大人の音楽って。

「二日前に二人で創って頭ん中で鳴りっぱなし」と崇くん。
「僕たちタカシ」「小さくてもタカシ」「安物でもタカシ」「高島屋でタカシ」
共作の『タカシの唄』を披露。会場は大爆笑。

「“タカシの夜”なので“タカシ縛り”で演ろうと思います」と笑う。
やなせたかしさんの『アンパンマンのマーチ』を、
二人で元気いっぱいに歌ってくれた。ほんとに元気が出る歌ね。
 
陽水のアルバム『氷の世界』から『帰れない二人』を披露。
綺麗な二つの声の重なりをうっとり聴いた。

「久富隆司さんの歌を。どんとさんの本名もタカシ」
ボ・ガンボスの『誰もいない』には、胸がキュンと潤んで熱くなった。
ああ、いい歌だなぁ・・・って改めて感じてた。

私がハナレグミを好きな理由の一つは、
どこかにちょっとした“遊び心”があるところ。
少し崩してくだけた感じにみせる彼のそのバランス感覚に、
いつもくすぐられてしまう。

『光と影』のような大きな楽曲でも、
「ぼんやり ぽっかり はっきり くっきり すっぽり うっとりと」という
ゆるやかなフレーズがちゃんとあって。
そこでほっこりやわらかい気持ちに包まれてしまうんだ。

どんとの曲の魅力は、そんな“遊び心”が満載なところ。
(おこがましいけれど)「センスいいなぁ」っていつも感じてしまう。

この夜の『誰もいない』は、歌詞が真っ直ぐに届いてきて、
なんとも言えない感慨に包まれてしまったけれど。

「がれきの街は ひっそり音もなく
 風がないても 答える人もない
 からっぽだったら みんなわるくない」

崇くんは、どんとのことが好きすぎて夢に出てくるのだという。
「どんとに抱きついてる夢。背が高いどんとの腰のあたりが自分の顔で」
「どんとに会えた嬉しさに泣いちゃったんだよ、夢の中で」
にこにこ嬉しそうに語った。

人が“好きな人のことを話す時の顔”って大好き。活き活きしてて。
崇くんって、ほんとにいい顔するんだもん。
「起きたらほんとに頬が濡れてたんだよ」って、嬉しそうに楽しそうに。
「会ったことあるんか。マジか・・・。
 どんとと会ったことあるなんてもう僕から言わせたら、
 “ボブ・マーリーに会った”みたいなことになってるから」と羨ましがる崇。
「どんとからは“先生”ってなぜか呼ばれたんだよねぇ」と貴司。爆笑。
 
「キヨシローさんとも歌ったことがあるこの歌を」
「『サヨナラCOLOR』っていう曲を」・・・会場が歓声に包まれる。
これはもう・・・「キャー!」でしょう!

「そこから旅立つことは とても力がいるよ」
ハナレグミの温かな声がパーッと会場いっぱいに広がった途端・・・涙。
後半は浜崎さんがリードボーカルをとった。
言わば・・・キヨシロー役が崇くんね。ハーモニーを優しく重ねた。

崇くんはキヨシローみたいに立って歌った。
浜崎さんが一人で歌ってる時にぐるりと会場を見回してた崇くんの顔。
とても優しかった。愛おしそうに穏やかに微笑んでた。
彼はほんとに幸せそうな表情をする人ね。
そんな崇くんの顔を観ていたら・・・また涙。
なんか、とてもいいシーンだったな。
ああ、今日観に来てほんとに良かったな。

キヨシローとの思い出話をそれぞれ語った。
崇くんは、中学の後輩だということをキヨシローに話したら、
「そっか、後輩か!」って何十回もそれだけ言われ続けてた・・・って笑った。
「後輩か!バッチリだ!って何がバッチリだかわかんないけど」と嬉しそうに。
浜崎さんは、「キヨシローさんから電話をもらって。いつも間があるんだよね。
いたたまれなくなってこっちから切るみたいな・・・」とやっぱり嬉しそうに。

アンコールの『幸せであるように』では崇くんがドラムを叩いた。
「僕、沼澤尚だから!」と嬉しそう(“タカシ縛り”ね、ほんとに)。
崇くんの髪型ってボブみたいな感じだったんだ!
ちょっと(かなり)びっくり。
いつもは耳にかけてるし(そのほうが断然いい・笑)、
大抵は帽子が載っかってるからね(早く耳にかけて欲しいと思ってた・笑)。
髪を耳にかけずにボブっぽく見せて、帽子も脱いでみせたりしてはしゃぐ彼。
なんてったって・・・ドラマー沼澤尚だもんね。

おおはた雄一さんが飛び入りでギターで参加。
笑顔がいつもほんとに優しい人ね。
楽屋にフラリと遊びに行ったら、
「YOU、出ちゃいなよ」って二人のタカシに言われたらしい。

途中で「ラップやってもいいっすか」と崇。
すかさず『ブギー・バック』を歌う崇。湧く客席。
いつものBose役が崇で、いつもの崇役が貴司。
途中で貴司のラップが止まってしまって上手く立て直す笑顔の崇。
楽しそうね、とっても。
もちろんみんなで「よくなく なくなく なくなくない?」と大合唱。
今夜の「心のベスト10 第一位」は『幸せであるように』ね。

「ほんとは鳩笛でラップんとこやりたかったんだよねぇ」
最後に腰フリフリしながら鳩笛を吹いてみせて、
崇くんがおおはたさんと肩組んで笑顔で去って行った。

「おおはたくんは初回のガチの相手で、
 ガチの最終日だからって今日来てくれたのかなぁ。
 彼のそんな気遣いってなんか嬉しいですね」
浜崎さんが感慨深げに最後にそう話されていた。

浜崎さんの『かえりみち』という歌が、ラストソング。
ブルーの照明の中、強い声が大きく響き渡った。
浜崎さんをちゃんと聴いたのは今日が二回目。
内省的な詞といつまでも耳に残る太くて強いその声が、
独特の世界感を創り出す人だ。


二人のボーカルのコントラスト。
ストレートに強く胸に飛び込む浜崎貴司の声。
じんわりとすっと胸に入り込むハナレグミの声。

きっとこの夜・・・
会場にいた誰もが、
この幸せな時間を噛みしめるように味わっていたと思うよ。

出来ることなら、このままずっと時が止まって欲しい。
出来ることなら、このままずっと終わらないで欲しい。
そう願っていたと思うよ。

あの晩、あの場所にいた人たちはきっと・・・
“世界中でいちばん幸せな歌の世界”にいたと思うよ。



SET LIST

--浜崎貴司&ハナレグミ--
1.GACHIのテーマ
2.接吻

--ハナレグミ・ソロ--
3.大安
4.音タイム
5.男の子と女の子
6.エイリアンズ
7.きみはぼくのともだち
8.PEOPLE GET LEADY
9.家族の風景
10.ウィスキーが、お好きでしょ
11.明日天気になれ

--浜崎貴司・ソロ--
12.くちづけ
13.MUSASINO
14.グローバ・リズム
15.恋サクラビト
16.僕は忘れない
17.ドマナツ
18.時はただ今だけを乗せて
19.ハレルヤ

--浜崎貴司&ハナレグミ--
20.タカシの唄(書き下ろし曲)
21.アンパンマンのマーチ
22.帰れない二人(井上陽水&忌野清志郎のカバー)
23.誰もいない(ボ・ガンボスのカバー)
24.サヨナラCOLOR(SUPER BUTTER DOGのカバー)
25.GACHIのテーマ・リプライズ

--アンコール--
26.幸せであるように〜今夜はブギー・バック
  (浜崎貴司、ハナレグミ、おおはた雄一)
27.タカシの唄(浜崎貴司、ハナレグミ、おおはた雄一)
28.かえりみち(浜崎貴司・ソロ)




[PR]
by kurin1022 | 2013-11-19 14:28 | ハナレグミ | Comments(13)

“おまえの敵が見当たらねー”

c0217793_9371740.jpg


ロックンロールな風が吹き抜けた時間。


これから55もの都市を周って、
ロックンロールな風を吹かせるんだって。
こんな熱いステージを62回も演るんだって。
私なんて・・・考えただけで気が遠くなっちゃうよ。

・・・凄い人だな。
やっぱ、カッコいいね、あなたは。


ロックンロールな夜だった。
私の心も思いっきりロールした夜だった。

最後までどうぞご無事に、
元気にロールしちゃって下さい。
・・・そう願った。


c0217793_940357.jpg


ああ、この夜また・・・
一人の乙女が“和義”に落ちました。
[PR]
by kurin1022 | 2013-11-01 09:48 | 斉藤和義 | Comments(15)



日々のあわ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
WE STILL LOVE ..
at 2014-09-03 19:22
LIFE IS COMIN'..
at 2014-07-02 15:18
六月の花嫁さんへ。
at 2014-06-23 13:57
glory days
at 2014-05-22 16:56
料理=くりん
at 2014-05-12 11:54
ファンキーパーリーな時間
at 2014-02-18 13:04
星空の中、聖なる夕べに。
at 2014-01-07 09:08
いちょう並木のセレナーデ
at 2013-11-30 10:41
ロックンロール
at 2013-11-21 18:25
タカシの夜。
at 2013-11-19 14:28
“おまえの敵が見当たらねー”
at 2013-11-01 09:48
多摩蘭坂
at 2013-10-23 16:14
NIKKI
at 2013-10-11 22:39
ハナレグミの“だれそかれそ”..
at 2013-10-01 16:07
2013年・秋
at 2013-09-12 10:25
初秋に聴きたい声。
at 2013-09-08 09:13
風船がふわりと舞った祭りの夜に。
at 2013-09-06 07:47
祭りの前に。
at 2013-08-30 17:54
このタイミングで。
at 2013-08-17 17:14
ありふれた夏の日
at 2013-07-22 16:23
最新のコメント
(続きです) 20..
by kurin1022 at 22:09
♪ ヒナさん おひ..
by kurin1022 at 22:00
くりんさん、おひさ♪ ..
by ヒナ at 16:23
♪ カギコメさん ..
by kurin1022 at 22:38
♪ きゅーん@きっしーさ..
by kurin1022 at 22:27
noteから来ました。 ..
by きゅーん@きっしー at 20:53
♪ sirikiさん ..
by kurin1022 at 10:18
お久しぶりです PCに..
by siriki-otona at 23:25
♪ ヒナさん ほん..
by kurin1022 at 22:19
大阪も、めっちゃ盛り上が..
by ヒナ at 16:14
♪ kouさん 優..
by kurin1022 at 22:18
♪ ヒナさん こち..
by kurin1022 at 22:04
星空の素敵な世界の中で、..
by kou at 22:11
あけまして今年もよろちく..
by ヒナ at 21:16
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
ライフログ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧